ZEH住宅

「改正建築物省エネ法」による、省エネ性能の説明義務化

2020年より施行予定であった「省エネルギー性能基準」への適合義務化が見送りとなり、新たに「改正建築物省エネ法」が交付されました。※2019年(令和元年)5月17日公布
300㎡未満の住宅を新築する際に、建築士から建て主に対して、“省エネ基準への適合”または“省エネ性能確保のための処置”を説明することが義務づけられます。※2021年(令和3年)4月施行

“省エネ基準への適合”では、外皮性能(外壁や窓などの断熱性能) + 省エネ型の設備機器(暖房・冷房・給湯・換気・照明の5項目)を搭載し、一次エネルギー※の消費量を抑える工夫を行うことが求められます。

※一次エネルギーとは/化石燃料・太陽熱、水力、地熱、風力など、自然から得られるエネルギー源を一次エネルギーといい、それらを使いやすく加工したもの(電気、灯油、都市ガスなど)は二次エネルギーといいます。新基準では、二次エネルギーの消費量を一次エネルギー消費量に換算することで、家庭での総エネルギー消費量を同じ単位(MJ、GJ)で求めることができるようになります。

ZEH仕様の住宅標準化を目指して

さらに政府は、ZEH仕様の住宅普及に向けた取り組みを行っています。
ZEHはゼッチと読み、Net Zero Energy House(ネットゼロエネルギーハウス)の略称です。住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下とすることを目的としています。

創エネ

自家発電を家庭で消費、余剰分は電力会社に売電

太陽光発電 など

省エネ

高断熱化

夏涼しく冬暖かくエネルギーを極力必要としない住宅

断熱材 高断熱窓
日射遮蔽

高効率設備

CO2の排出を抑えかしこい利用で光熱費も低減

空調(断熱・冷房)
給湯 照明 換気

見える化

家全体の電気使用量をモニタで制御・調整・最適化

HEMS(ヘムス)

快適な室内環境

+

年間で消費する
正味(ネット)エネルギー量

概ね0ゼロ以下

ZEHの結論

使う電力よりも創る電力が多い家で、
エネルギーの収支を
ゼロもしくはプラスにしよう!

図解

政府では2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)仕様の住宅が新築住宅の半数を超え、
標準的な新築住宅とするように位置づけ、2030年までに新築住宅の平均となることを目標としています。

ZEH住宅のメリット

  • 自家発電で光熱費の
    ランニングコスト
    低減

  • もしもの災害時に
    停電などの影響を
    受けにくい

  • 適切な冷暖房による
    ヒートショックの
    予防

  • 住環境の
    ストレスが少なく
    心身の健康を後押し

ZEHビルダー登録事業者として

有限会社北海技建工業「ほこだてホーム」は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の普及に向けて、ZEHビルダー登録をしております。今後もさらなる普及を目標とし、知識・技術の向上やお求めやすい商材の提供、補助金に関することなど、多角的な視点で積極的に取り組んでまいります。
当社のZEHビルダー登録状況は、こちらからご確認いただけます。

■一般社団法人 環境共創イニシアチブ「ZEHビルダー一覧検索」
ゼロエネルギーで、暮らそう。ZEH builder

有限会社北海技建工業「ほこだてホーム」
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及目標と実績

2016年度から2025年度の「ZEH」と「Nearly ZEH」の普及目標です。

目標・実績一覧表